輝き ~ 脱・三日坊主計画

要約だよ人生は

6.18

研究会という週報の絶好のネタがあったことで、昨日は音学シンポから戻ってきて即研究室に行って週報を書き上げていたのだが、案の定時間が押してしまい、今日目覚めたのはお昼前になってしまった。

昼になっても寒く、重いまぶたを上げて横たわったままTwitterを開くと、まずはじめに阪急の発車標が落下している画像が出てきた。こんなものが落ちてくるのか、何かの衝撃で落ちたのだろうか、と思いながら、少しタイムラインを遡ってやっと状況を把握した。

www.huffingtonpost.jp

マグニチュードは6程度、震源が浅めの直下型だったとのこと。東京は全くの無感だったのでどおりで目覚めることもなかった。

しかし、すでに亡くなってしまった方もおり、現地の被害は相当甚大なことだろう。鉄道網も一部見合わせになっていたり、駅の損傷が激しく全列車通過状態にせざるを得ない場合もあるらしい。都心直下地震、同じ現象が東京で発生したとしたらと思うと全然他人事ではない。そういえば、昨日の音学シンポは日本の津々浦々から学生や有識者の方が集まっており、中には泊りがけでスーツケースを持って来ている人もいた。今日帰ろうとしていた人はひょっとして立ち往生しているのではないだろうか?

大学を離れて関西で暮らす私の友人も多い。ある人はほとんど生活に影響なく過ごせていれば、ある人はガスが止まってしまったようで苦労している様子であった。いずれにせよ、無事であった事が幸いだ。「今回の地震は前震であり、本震が来る」などという取りつく島もない噂もささやかれてはいるが、一刻も早く普段通りの生活に戻れるよう応援したい。

音学シンポジウム2018

仕事先の社長の勧めで、音楽情報科学研究会・音声言語情報処理研究会共同開催の音学シンポジウムを聴講しに行ってきた。

f:id:wktk037:20180618002950j:plain

会場は東京大学本郷キャンパス。東大は高校時代に一度行ったきりで、もう6年ぶりくらいだっただろうか。新しくなっていた中央食堂にも立ち寄ってみた。いざ東京に引っ越して行ってみると、ものすごく近い。調布からは地下鉄の直通運転のおかげで最低一回乗り換えで行けてしまう。

修士に上がっていながら恥ずかしいことに研究会というものを見に行くのが初めてで、どういう格好で行けばいいのだろうとかどういう気分で向かったらいいのだろうか・・・など考えながら結局普段着で出かけたが、割と会場の客も普通の服装だったというオチであった。普段から興味がある「音」に関する講演やポスターセッションなどを聴く事ができ、とても今後の研究活動に対する士気を高める事ができた。論文でその名前を見た事が何度もあるような大学教授なども会場にいらしており、ここで発表をしていたらコメントを頂けたのかなあなどとも思った。研究会の存在をもう少し早めに知っていればと、少しながら悔しくも感じた。

研究会という場所は、実際に行ってみてその雰囲気をつかむ事ができるなと感じた。卒業研究も始まっていないのに研究会・学会での発表なんて・・・と思う学部生は多いかもしれないが、少なくとも大学院に進んで研究を続けるのであれば早くからその雰囲気に慣れておくことを勧めておきたい。この雰囲気を知っていたらあとどのくらい早く研究報告が出来ていたことやら。しかし後悔先に立たず、とにかく今は自分自身ができることをどんどん進めなくては。

試験が急に飛んできたので

惰眠を貪った土曜日だった。今週はブログの更新が危うくなるほどで、明らかに気力を使い過ぎたように感じていたが、それだけに反動が大きかったのかもしれない。いつまでも眠いまま、布団にくるまっていた。いつもより少し涼しい日だったので、余計に布団から離れられずに一日が過ぎてしまった。最近は休日だけが唯一自由に過ごせる時間だというのに、こういう日を挟まなければいけなくなってしまうのがどうしても悔しい。
昨日の事だったが、受けている大学院の講義の試験が早まる事が確定した。なんと当初より1ヶ月も早まることになった。講義担当教員が7月に出張の用事が多く入るらしく、それによって講義が超高速で進んだために昨日の講義を以て講義内容が全て終わってしまったのだ。それは進学校の授業ばりのスピードで、おまけに私の研究分野とは全く違う分野(基礎的事項であり、教養として役立つことには違いないのだが)の講義だったので、正直理解するためにはもう少し時間が欲しかったのだが、なんというかいちばん早まって欲しくない試験が急に飛んできた気分である。幸い、試験はこれまでの演習で行った問題に沿って出すとのことだったので、暗記で乗り越えられないこともなさそうだが。大学院に入ったからには「対策」という短期集中形での試験の準備は進めたくなかったが、こればかりは仕方ないかもしれない。とりあえず、周囲の友人を募って試験対策会を開く算段を立てなければいけなさそうだ。

とちの葉の風さわやかに

今日は朝から大雨だった。おまけにとても寒い。植物園に行った時のあの暑さは一体何だったんだ。久々に長袖の服を出すことになった。
そういえば今週はほとんど雨だ。やる気を出さないとどうにもならない課題(輪講のことだが)があったのであまり気にしてなかったけれど、洗濯物が干せないことがもどかしかった。結局乾燥機に頼ることになったが、コインランドリーに行ってみれば強烈な生乾き臭があたりを支配していて、吐き気を感じてしまった。結論から言えば心配は流石に無用だったが、自分の衣服に臭いが移ってしまうのではないかと危惧してしまうレベルだった。

 

ところで、本日6月15日は、私の地元・栃木県民の日。また、出生地の千葉県も県民の日である。どちらとも、1873年6月15日に2つに分かれていた県が合併して現在の県として成立したことを記念としているのだとか。幼稚園・小学校低学年は埼玉県で過ごしていたが、こちらは11月14日が県民の日になっていて、この日は休日であった。余談だが、小学校は創立記念日が翌日の11月15日で、その日も休日になっていたので、土日に関係なく2連休が発生していた。その後、栃木に引っ越したのだが、こちらは県民の日が休日ではなかったので結構驚いた記憶がある。そもそも県民の日が存在しない県もある*1し、栃木県以外にも休みにならないケースがあるようだ。
その代わりと言っては難だが、栃木県民の日、栃木県の学校給食には「県民の日デザート」なるものが出されている。

www.shimotsuke.co.jp

記事にもある通り栃木県産のイチゴピューレを使ったゼリーである。偏食気味だった私は、給食に対してあまり良い印象を持っていないのだが、これに関しては何となく毎年楽しみにしていたように思う。デザートは別腹である。

*1:北海道に至っては昨年制定されている

Uber Eatsを体験してみた

昨日は臨時で研究室で輪講が行われたわけだが、今日は通常通りの分の輪講が行われた。ただでさえ少ない自由時間が、今週はほとんど取れない。
そういえば以前、研究室の文化に慣れてきた卒研生からも、輪講が多くないかという意見をもらった。確かにそうなのかもしれない。今年度はただでさえ人数が増えたのに、個々の担当回数は変えずに続けてしまったため、輪講の時間だけが増え、研究の進捗を生み出したり、準備をする時間がその分削られてしまっている。もちろん、輪講はなくてはならない研究室の行事であるけれど、現在私の一つ上の先輩は1人しかいないし、次年度の卒研生も増えることになるだろうから、このままのペースで行うといろいろ厳しくなるようにも感じている。過去の慣習ばかりに目を向けているだけでは立ち行かなくなってしまいそうだ。

担当の輪講を越えて、今日は久々に渋谷に行ってきた。開口一番、社長の提案でUber Eatsを使ってみることに。

www.ubereats.com

Uber Eatsはサービス開始からもう1年以上経っていて、さらに都区内の配達にも対応したことで、対応ショップもかなり増えた。社長はオフィスでの仕事中にこれまでもよく利用していたそうだが、調布はギリギリ対応エリア外だし、オフィスに行ったところで昼食をわざわざ配達してもらうことも面倒で、私は使ったことなかったのだ。ありがたいことに今日は奢ってくれるとのことだったので、言われるがままクレープを注文してみた。お店で商品が用意されてから、配達員が自転車やバイクで届けにきてくれるのだが、注文から配達までの間、ネット・GPSを通じて配達員がどこにいるのかが逐一分かるのだ。楽しみながら配達を待つ事ができるというところに面白さを感じた。
Uber Eatsがどういうサービスかは知っていたけれど、使ってみて初めて面白さが分かるサービスだった。食わず嫌いしているサービスは、私の周りにももっとあるのかもしれない。

怒涛の4日間を超えて

この頃ブログの更新が滞りがちになってしまっていた。記事のネタは考えてあったのだが、全くもって時間が取れなかった。

土曜日に植物園に出かけた後からここ4日間、自由時間は今日の研究室での輪講の準備に費やすことになった。本来はこの輪講は先週の木曜日にやる予定だったのだが、内部の事情で延期されることになった。それ故、私は輪講の準備を先送りにしていたのだが、はっきり言って先送りにし過ぎてしまった。前回の担当の輪講が1ヶ月以上前だったので、油断していた。その結果、夜更かしをして準備を進める日が続いてしまい、先ほど終わった輪講の準備にも明け方の6時くらいまで詰めることになってしまった。今回ばかりは計画を怠ってしまったな、と反省している。
一応、発表は問題なく終わった。今回は現在の卒研生に自身の研究テーマに関して理解をしてもらうために、概念をゆっくりと解説をする形式となったが、果たしてしっかりと理解はしてもらえたのだろうか。

自身の語りはともかく、昨日の記事でも紹介した「新しいサービス」の登場の裏で、IT系の人間としてはあまりにも遺憾なニュースが流れてきた。

doocts.com

仮想通貨やブロックチェーンなどの話は私の研究テーマとはガラッと異なるものではあるが、昨今たびたび話題となっているだけに興味は持っていて、私もその仕組みについて少しながら調べたりしていた。そんなところにこのニュースだ。こんな事が起こって良いのだろうか。日本の法律が新サービスに寛容でないことは前々から承知の上ではあったが、いくら何でも不憫だ。何よりCoinhiveがウイルス扱いされていることに疑問を感じる。特に被害を被っていた人がいるわけでもなかろうに、こんな事で立件しているなら他にやる事あるのではないだろうか。まずは"操作者の意図しない動作をする"アドセンスあたりを法的に取り締まって欲しい。個人的にはあちらの方がよっぽど「ウイルス」だ。
興味の「芽」を摘み取られたような気分。今回の事件を調べれば調べるほど、憤りを感じる。

レシートビジネス

朝目覚めてTwitterを見ていたらこんな記事が流れてきた。

www.businessinsider.jp

世の中、しっかり探してみれば、どこにでもビジネスになる物事は存在する。レシートに関しても、何かしら役立つことはあるだろうとは私も考えたことはあったのだ。

wktk037.hatenablog.com

私以外にもきっと誰かしらが漠然と考えていたであろうビジネスを、天才高校生プログラマは具現化して、見事にローンチした。こればかりは先を越されたな、とも思ったけれど、流石だなと感じた。手付かずのオフラインのデータをオンラインとマッチさせるという視点、天晴れ。

記事をサラッと見て、今まで貯めてきたレシートを消化するチャンスか?とも思っていたが、換金化できるのは一日10枚。1枚あたりの換金額は現在は10円なので、最大で毎日100円。ちょっと労力には見合わないかなあ。もう少し上限が上がったら良かったのだが・・・。コンビニで買い物をしても、普段レシートを回収ボックスに捨ててしまう人であれば、何も言わずに協力してあげるべきだろう。

このサービスが収拾しようとしているのはレシートの情報。この情報を、おそらく生データではないだろうが、なんらかのビッグデータとして企業に売り出すことで利益を得ることでビジネスを回していく模様だ。1枚のレシートそのものだけでは大した情報にはならないだろうが、複数のレシートと個人に結びつきがある場合は個人の情報ともなりうる。何時に〇〇を買ったかとか、この人はいつも△△を買っている、などである。さらに最近はキャッシュレス決済も進み、IDの記載が残るレシートも増えた。ここまで類推できる人も当然少なくはなく、私の周りでも個人情報の提供になりかねないと抵抗を示す人が割といる。新しく入ってきたばかりの情報収集系サービスとなると、信用を得るという段階は壁になりそうである。今後の進展が期待される。